実寸大表紙へ

カバーデザイン  若林繁裕


蜜悦

〜書き下ろし官能アンソロジー

a93

《収録作品》

『新枕』藍川 京
『みちびかれて』櫻木 充
『義母の秘密』館 淳一
『約束』牧村 僚
『熱いお稽古』冴月さくら
『ふしだら姫君』睦月影郎


《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

『義母の秘密』
年若い義母が未亡人になって一年。その素行が怪しいと伝えられ、義理の息子が私立探偵に調査を依頼します。もちろん猿田探偵ですね。
尾行の結果、熟女未亡人は一軒の洋館を訪問します。「ここで愛人と密会するのか」と思いきゃ、なんとその館には男や女がぞろぞろとやってきます。
館のなかではいったい何が行なわれているのか、この男女はどこから来るのか。謎が謎を呼び、ついに義理の息子は決断します。「そうだ、女装風俗嬢に教えを請おう」(笑)
というわけで、女装のSM嬢に頼んで、義理の息子はある「特訓」を受けるのでした。
なんか不思議な性愛体験ですが記述されますが、こういう性愛の宴は現実に、都内のどこかで今日も開かれているはずです。

《初出情報》

この作品は書き下ろし短編です。

《書誌情報》

本書は双葉社より双葉文庫の一冊(か 24-09)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN978-4-575-51251-9
2008年12月14日=第一刷発行
発行=株式会社双葉社
定価=629円+税

トップ | 著作リスト2