実寸大表紙へ

カバーデザイン 若林繁裕


艶欲

〜書き下ろし官能アンソロジー

a81

《収録作品》

『深雪の宿』藍川京
『密約』櫻木充
『共有熟女』館淳一
『恋、しませんか?』牧村僚
『僕の前に道はない』睦月影郎


《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

「共有熟女」は、熟女さんを男たちが複数で契約し楽しませてもらうということです。当たり前だ。(^_^;)
男たちとは「メビウス電子」という企業に勤めるエリートサラリーマン、技術者。彼らが共有したがる熟女さんというのは、意外や意外……。そういうお話です。意外や意外というところがミソでして、どこが意外かは読んでのお楽しみ。
この、男たちが複数で一人の女性と楽しませていただく、というテーマはけっこう古くからポツポツと書いています。
この場合、複数を相手にして契約でお金をいただく女性は、たとえ素人であっても、これはもう「愛人」の枠を越えて売春なわけです。
主人公は、この女性とセックスすることで、他の「共有者」たちが彼女とどうセックスしているのか、自分のセックスは果たして彼女を満足させているのか、という「比較」の問題をいやおうなく突きつけられて狼狽するのです。あとは見てのお楽しみ。(笑)

《初出情報》

この作品は書き下ろし短編です。

《書誌情報》

本書は双葉書房より双葉文庫の一冊(か24-08)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN978-4-575-51200-7
2008年5月20日=第一刷発行
発行=双葉社
定価=638円+税

トップ | 著作リスト2