実寸大表紙へ

カバーイラストレーション 佐藤 功
カバーデザイン 長谷川正治


禁じられた戯び

〜書き下ろし官能アンソロジー〜

a78

《収録作品》

『ふたりだけのヒミツ』藍川京
『女子高生美夏 いけない倒錯』安達瑶
『兄妹』北山悦史
『恥虐の誘惑』館淳一
『最後まで』内藤みか
『女教師・秘密の体験』牧村僚
『栗鼠虎馬鹿猪熊』睦月影郎


《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

共通テーマで各作者がそれぞれの趣向を凝らした短編集。今回のお題は『禁じられた遊び』。
そう難しくはないですね。ぼくの分野では、たいていのことが『禁じられた遊び』だ。(笑)
今回のヒロインは女子大生・綾香。ある真夏の夜、クラスメートで親友の夏美から携帯に電話がかかります。
電話の向こうからは苦しそうなせっぱつまったような声。
「助けて……」
いったいなにがあったのかと、綾香は親友のアパートへ。
そこで彼女が見たものは!?
というわけで、最初は一人でやってた「禁じられた遊び」は、親友をまきこんで二人遊びになり、とうとうもう一人を巻き込んで……。

いやあ、禁じられた遊びって楽しいですね!(笑)しらじらしい。

《初出情報》

この作品は書き下ろし短編です。

《書誌情報》

本書は廣済堂より廣済堂文庫の一冊(あ-10-16)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN978-4-331-61287-3
2007年7月11日=第一刷発行
発行=株式会社廣済堂出版
定価=619円+税

トップ | 著作リスト2