実寸大表紙へ

カバーデザイン 桜井勝志


淫らな熟女

〜書下ろし官能傑作選12〜

a75

《収録作品》

『未亡人の素顔』末廣圭
『保健室の淫女』草凪 優
『淫棒づかい』睦月影郎
『蜃気楼の女』鳳 春紀
『愛を閉じこめて』柊 まゆみ
『買われた個室』秋山慶彦
『同窓会のあとに』わかつきひかる
『彼岸花の秘密』響 夕布子
館淳一『甘美なる苦悶』


《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

関東文科大四年生で競艇部員の大学生二人が主人公です。 彼らはある男性から呼ばれて、軽井沢の山荘に呼ばれます。 男性はそそくさと姿を消します。 残された若者たちが山荘の寝室で見たものは、縛りあげられた裸女。
もちろん豊満すぎる熟れ肉をもった美女。
彼らの役目はこの美女を責めに責めて、痩せさせること。
夜に日を継いで、若者は残酷な責めと凌辱の肉宴を満喫します。
その果てに待ち受けていたものとは……?

《初出情報》

この作品は未発表の書き下ろし作品です。

《書誌情報》

本書はミリオン出版より大洋文庫の一冊(ア2-12)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN978-4-8130-7067-2
2007年3月12日=第一刷発行
発行=ミリオン出版
定価=629円+税

トップ | 著作リスト2