実寸大表紙へ

カバーデザイン 田中千寿子
カバーイラスト 田中修一郎


書き下ろし官能アンソロジー

妖艶

a61

【収録作品】

『生贄カップル』館 淳一
『おいしい週末』子母澤 類
『異形の夏』浅黄 斑
『監禁』由布木皓人
『ジェラシー』小川美那子
『人妻濡れ椿』松岡弘一
『介護させて』櫻木 充


《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

『誘拐されたカップル』はOLとサラリーマンのお話です。
巨乳の持ち主である部下のOLをなんとかモノにしようと苦心しているプレイボーイ気取りの上司が、彼女から相談を受けます。
「落とした財布を拾ってくれた人が、直接手渡したいと言ってきたんです。一緒に来てくださいませんか?」
どこの何者とも知れぬ人物とホテルのロビーで会うから不安だというのです。軽薄でうぬぼれの強い上司は「モノにする絶好のチャンス」とばかり彼女のエスコート役をかって出たのですが……。

意外な展開が意外な結末に導きます。もちろん通しタイトルの『妖艶』を裏切ることなく、このうえなく妖艶な美女も登場します。(笑)←なんか意味がある「笑い」ですね。

《初出情報》

本作品は書き下ろし短篇です。

《書誌情報》

本書は徳間書店より徳間文庫の一冊(に17-8)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN4-19-892293-4
2005年8月15日=第一刷発行
発行=徳間書店
定価=590円+税

トップ | 著作リスト2