実寸大表紙へ

カバーデザイン 桜井勝志


痴態

★――官能コレクション――

a47

《収録作品》

『叔母の下着』(牧村 僚)
『劣情の女医』(由紀かほる)
『歓喜の入学祝い』(館 淳一)
『ドーベルマン・セックス』(鳳 春紀)
『逡巡する肌』(赤松光夫)


《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

若者と熟女叔母の爽やかな交歓を描いた作品です。(笑) 高校生の亜希夫はジャズダンスの教室を主宰する叔母、竜子に弱みを握られ、秘密の契約を交した。
若者の精液を飲むと更年期障害に効くと教えられた竜子は、やりたい盛り出したい盛りの甥に目をつけたのだ。
それからは学校帰りに立ち寄った叔母の家で、熱烈なフェラチオで二度、精液を呑まれるしあわせな毎日。
やがて高校を卒業、無事志望の大学に入学した亜希夫は、見違えるほど若々しくなった叔母から「入学祝いの特別プレゼント」を与えられた。それは何かというと……。

《初出情報》

『歓喜の入学祝い』……原題『叔母の入学祝い』(「小説CLUBロマン」2004年4月号)

《書誌情報》

本書は大洋図書より大洋文庫の一冊(ア1-1)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN4-8130-7003-5
2004年6月10日=第一刷発行
発行=ミリオン出版
発売=大洋図書
定価=571円+税

トップ | 著作リスト2