実寸大表紙へ

カバーデザイン 紺屋宏明


禁書

a21

《収録作品》

『完全不倫』安達瑶
『痴人の夢に耽りたる』睦月影郎
『睡蓮』藍川京
『桃色修行』風間九郎
『人妻・午後の淫謀』館淳一
ほか全8編


《読者からの解説&感想》

「人妻・午後の淫謀」

 夢見山サポートセンターのエンジニア・檀広介は、パソコンのトラブルを解決する ため、住宅街にある「黒住」という家に派遣された。
 出迎えたのは、魅力的な人妻・一美である。
 インターネットに接続出来ないという彼女の依頼は、一見楽勝に思えたが、システ ムの設定まで変更されていて、意外に手間のかかる修理となった。
 作業に没頭する広介にお茶を持って来た一美は、先ほどよりずっと色っぽい格好に 着替えている。
「実は、ここに紹介されているサイトを見てみたいんです」
 一美が示したのは、雑誌に載っている不倫系の出会いサイトだ。
(間違いない、このひとは飢えているんだ)
 文字通り棒立ちとなった広介は、ケダモノとなって一美にのしかかった。
「あああ、私、どうなってもいい」
 しかしそこには、人妻の周到な陰謀、もとい、「淫謀」が張りめぐらされていたの だった。
 そして……。

 一見単純に見えるストーリーにも、巧みな仕掛けをほどこし、読者を楽しませるの がこの作者の魅力である。
 本作でも、昼下がりの人妻との情事モノと見せて、その奥に男女の駆け引きや、夫 婦の機微が、ユーモラスなタッチで描き出されて複雑な味わいを醸し出している。
 チラリズムにはじまり、通常のセックスはもとより、アナル・プレイやセーラー服 によるコスチューム・プレイ、そしてスパンキングから3Pへと、バラエティに富ん だプレイで楽しませてくれるところも、サービス精神の旺盛さを感じさせてくれる。
 本書の作者紹介には「SM、フェチシズム、トランスセクシャルなどディープな世 界を迫力の筆で描き、『引き込まれると抜け出せない』と言わせるほどの人気を誇 る」
と記されているが、まさにその通り!
 ヒロインの夫が「ブルゴン商事」の社員であるというくだりを読んで、ブルゴン商 事といえば、あの作品に出て来たあの会社の名前だし、そういえば夢見山市という地 名も、どこかで聞いたような……という気がするあなたは、もう、立派な館ワールド のジャンキーです。
 引き返すことは出来ません。
 ささ、もっとずっとずっと奥の、深い方へ……。

「そ、そんなところまで……!? あう、あううう、ひいい、いい、あうあうううッ」

 では、満足されたところで次の作品に行きましょう。

 詩織(MLメンバー)

《初出情報》

『ガツン!』(KKベストセラーズ)2000年6月号

《書誌情報》

本書は徳間書店より徳間文庫の一冊(と16-8)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN4-7669-2337-5
2001年6月15日=第一刷発行
発行=徳間書店
定価=533円+税

トップ | 著作リスト