実寸大表紙へ

カバーデザイン 中原達治
カバーフォト  amanaimagesrita


秘本 緋の章

官能アンソロジー

a114

《収録作品》

『CLSにうってつけの日』草凪 優
『指』藍川 京
『死んで欲しいの』安達 瑶
『悲しき玩具』橘 真児
『勃ちあがれ、柏田』八神淳一
『奥様、セーラー服をどうぞ』館 淳一
『トライアングル』霧原一輝
『はつゆき』睦月影郎


《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

『奥様、セーラー服をどうぞ』
熟女人妻がなぜか母校の女子高セーラー服を着て、SMポルノビデオに出演させられる、というお話です。
ヒロインの人妻、美奈江は夫と離婚調停ちゅうで、実家の夢見山市に子供を連れて戻っている。
そこでたまたま出会ったのが、短大時代に仲がよかった冴子。ほぼ同時期に結婚した彼女は夫の事業がうまくゆかず、家計と助けるためにクラブホステスになり、やがて夫とは離婚、さまざまな男性関係を経て、今では夢見山市のサンセット小路で、ジャズを聴かせるショットバーのママとなって店に出ている。
同じ市内であることから、美奈江はよく冴子の店に顔を出すようになったのだが、ある日、冴子から頼まれる。「お客さんから頼まれたんだけど、聖美学園のセーラー服をまだ持ってたら貸してほしいの」
「借りたい」という男は宇賀神といい、初対面の人間に会う時は必ず「私は怪しいものです」と自己紹介する三十前後のサラリーマンふうの男。実はアダルトビデオを制作する会社のオーナーでプロデューサー。いまはもっぱら「オンリーワンAV」というのを作っている。それは、「こういうビデオを作ってくれ」という資金提供者(クライアント)の要望どおりに作られたアダルトビデオのこと。一本しか制作されず他者の目に触れることがないが、製作費は必要なだけかけられるという。
「そのクライアントの要望で、当時の聖美学園のセーラー服を探している」のだと宇賀神は言う。
この「怪しい者です男」に好感を抱いた美奈江は、冴子の進めもあって、セーラー服を貸してやることに同意する。すると、いろんな事情があって、クライアントは冴子を指定して「このひとを主役にしろ」と言い出した。役柄は高校時代の同級生と十数年後に再会したヒロインがもう一人の男と凌辱される――というもの。ハードなSM作品だ。
そんなものに私が出られるわけはないじゃないですか」と断り続けた美奈江だが、高額の報酬と宇賀神の巧みな説得でついに極秘で作られるSMポルノビデオのヒロインとして出演することになってしまった……。

さあ、昨日までふつうの主婦だった熟女が、たった一人の男のためにSMポルノを演じる。彼女は任務を果たすことが出来るだろうか。

《初出情報》

本作品は『小説NON』2012年8月号に掲載されたものです。

《書誌情報》

本書は祥伝社より発行されている祥伝社文庫の一冊(ん1-52)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN978-4-396-33849-7
2012年6月20日=第一刷発行
発行=祥伝社
定価=619円+税

トップ | 著作リスト2