実寸大表紙へ

カバーイラスト 吉田昭夫


ベスト短編官能小説「スーパーラブロマン選集」

肉宴の獲物

a 10

《収録作品》

『俯く官能』……北沢拓也
『午後の悪戯』……三村竜介
『牝穴ざかり』……高 竜也
『童貞狩り、姉と弟』……北原童夢
『過去の代償』……藍川 京
『悪魔のささやき』……牧村 僚
『灼熱の淫液』……北山悦史
『誘惑カウンセリング』……まどかゆき
『プールサイドでつかまえて』……伊東眞夏
『都会の淫影』……桐葉揺
『住み込み家政婦』……源明玖美
『犬のように』……館 淳一


《読者からの解説&感想》その1

 この物語を読みながら、まさしく私も犬のように はあはあと興奮してしまいました。

 OLまゆ美の上司は、まゆ美が仕事の残業の時にしていたことが気にかかり、彼女が 帰った後、PCでアクセスしていたHPを見つけてしまう。
 そして、あるSMのHPにたどりつくのだが、それは、まゆ美が開設しているものだった。
 上司は激しく興奮し、「監獄長」のハンドルネームで、まゆ美にメールを送る。
 そして何回かのやりとりの後、実際に調教デートをすることに。
 まゆ美は、その相手が自分の上司だとは知らずに・・・

   初めてのデートの時に、その監獄長から予め指示をされて、まゆ美はその通りにして監獄長が来るのを待っているのですが、そのシーンを読んでいると、本当に私は呼吸が息苦しくなってきました(笑)
 どんな風にして待たされているのかは、読んでみてくださいね。ドキドキしますよ。
「もし このまま 監獄長が来なかったら・・・」

 メグ(MLメンバー)

《読者からの解説&感想》その2

 デジタルコンテンツを制作するデザイン事務所のチーフディレクター二谷幹夫は、 出張の帰りに事務所に寄り、ウェブデザイナーの柳川まゆ美がひとり、残業でパソコ ンのモニターに向かっているのに遭遇した。
 まゆ美の態度に妙なフェロモンを感じた幹夫は、彼女が帰社した後、サーバーの記 録を調べてみる。
 まゆ美が残業を偽ってアクセスしていたのは<エッチなOL、ゆかりのホームペー ジ>という、露出症のマゾ女性が開設したアダルト・サイトだった。
 刺激的な告白と画像……。
 何故まゆ美はこんなサイトを見ていたのか……?

 タイトルを見ただけで傑作を予感させる作品がある。
 イギー・ポップの名曲「I WANA BE YOUR DOG」を彷彿させるタイトルを持つこの短篇小説は、そんな読者の期待を裏切らない。
 この作品の良さがわからない奴は「犬に喰われて死んじまえ!」っていうか「犬も 喰わない」だったりして……。
 わからない人間に、あえてわかってもらいたいとも思わない。
 わからない人はどうか、一生わかってくれるな!
 早い時期からパソコン通信やインターネットに注目し、作品に取り入れて来た作者 ならではの世界が展開されて……とか、羞恥と嗜虐と恍惚の「寸止め」手法……と か、小賢しい解説は不要というものだ(って、書いとるじゃないか)。
 館淳一は自他共に認める長篇型作家だが、同時に短篇の名手でもあることを如実に 証明する好短篇である。
 読むべし!

 《ゆかりの恥ずかしい姿をお見せします。そうです、これが私の、いつも想像している姿なの》

 うんうん、メグさん。お気持ち、よーくわかりますわよ。
 大切なのは想像力よ、ね。

 詩織(MLメンバー)

 

《作者から》

「寸止め」と、編集者に皮肉まじりに言われる手法で書かれています。
 つまり、セックス行為、ファック・シーンが描かれていません。
「さあ、いよいよ、これから……」という時に終わっているんです。これがぼくの短編に多い手法。
 まあ、「いざ」という時に与えられた枚数が尽きてしまう、というのも正直なところなのですが、書いているうちに、「ここから先は文章にしてもしなくてもいいんじゃないか」と思うんですね。
 読む人によっては、「なんだ、ファック・シーンが無いポルノなんて詐欺だ」と思われるかもしれません。(笑)
 そういうかたは残り11編の作品で堪能してくださいな。(笑)

 作家の役目は、読者をグライダーに載せて妄想の世界へとほおりあげるカタパルトにセットさせることだと思います。カタパルトに力をため込ませるのが作者の手腕。打ちだされた先、どこまで自由に飛翔できるかは読者の資質と力量。
 たとえファック・シーンが無くても、作家は読者に、どこまでも遠くへと飛んでほしいと願ってカタパルトを放つのです。

《初出情報》

『犬のように』…………「小説CLUBロマン」1999年9月号

《書誌情報》

本書は株式会社竹書房より竹書房文庫の一冊(SL-16)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN4-8124-0537-8
1999年10月6日=第一刷発行
発行=竹書房
定価=648円+税

トップ | 著作リスト2