実寸大表紙へ

カバーイラスト 飯田桐子
装丁 井上則人


日曜官能家EX

a5

《収録作品》

睦月影郎責任編集
『ドレミちゃんの犯罪』……睦月影郎
『3Pボーイの憂鬱』……下関マグロ
『飼いモノ』……倉田真澄
『エアポート98 特攻! 両国国技館』……安達瑤
『1985年の初体験』……内藤みか
『熊本の女金剛』……唐沢俊一
『女子高生、危ない撮影会』……安田理央
『人生楽ありゃ、苦もあるさ』……風間九郎
『新妻ウラ面接』……ソルボンヌK子
『ネクロワイフ』……塚原尚人
『夢魔のささやき』……稗田おんまゆら
『こちら、マキちゃん ユーザー・サポート会議室』……館淳一


《作者から》

『日曜官能家』は、作者が一時期参加していた同人、日曜官能倶楽部で自費出版していた同人誌。 内容があまりにも高度?なせいか、出版社が注目してくれて、同人誌的商業誌として刊行されたのが、この『日曜官能家EX』。同人誌としては通巻3号にあたる。
(ちなみに著者は1999年春に脱会。官能倶楽部同人はその後も睦月影郎氏を中心に活動を続けたが、2005年に解散した。)

本書に収録された『こちら、マキちゃん ユーザー・サポート会議室』は、近未来SF小説。
マキちゃんというのは、本ものそっくりに作られた超高性能ヘビーデューティ仕様サイバーラブドール、つまりダッチワイフ、いや、設定年齢は10歳前後としているからダッチロリータ。(笑)
膣、肛門はもちろん、口だってペニスを突っ込めばちゃんとフェラチオをしてくれる。しかも学習機能があり、教えこめばオルガスムスに達することも可能。
このマキちゃんを買ったユーザーは、いずれ劣らぬ超ヘンタイ。彼らがユーザーサポート会議室で情報を交換しているうち、オフをやろうと盛り上がっていったのだが……。
トンデモな結末が待ち受けるハイパーポルノグラフィノベルでもある(なんのこっちゃ)。

《初出情報》

『こちら マキちゃん ユーザーサポート会議室』は、書き下ろしの短篇です。

《書誌情報》

本書はイーストプレス社より四六判型で刊行された。
収録されている『こちら マキちゃん ユーザーサポート会議室』のテキストは、 ダウンロードページで無料閲覧できる。





ISBN4-87257-147-9 C0097
1998年7月24日=第一刷発行
発行=株式会社イースト・プレス
定価=1500円+税

トップ | 著作リスト2