実寸大表紙へ

カバーイラスト 石井のりえ
カバーデザイン 松田行正


夜の写生会

164

《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

本書は、1988年にフランス書院文庫から『美雪・魔性の遍歴』として発表されたものの復刻版なので、詳細はこちらを参照してください。

しかし幻冬舎の担当編集者から「これを復刻したい」と言われて少し戸惑いましたね。(^_^;)
お読みになれば分かりますが、ヒロインが若い。若すぎます。(^_^;)
「非実在青少年」を規制しようとする論議がかまびすしい昨今、これだけ若いのはいかがなものか、と危惧の念を伝えたのですが「回想シーンですからね、問題ありません」と言われました。さすがアウトロー文庫です。いや、回想シーンでもない部分はあるのですが(その頃のブルセラショップの部分)。ま、いいか。(^_^;)
美人女性編集者の美雪とイラストレーター匠太郎がコンビを組んで大都会の陰部、ハンパではないエロを求めて取材に駆け回る物語です。
その第一回が「素人女性ストリップ」。これ裏ビデオで見たのがヒントでした。登場する小学校女教師は、後に『女教師・濡れた下着(上・下)』のヒロインとして活躍することになります。
著者としては、非常に思い入れのある作品ですが、絶版にされてから長い年月が経ちました。しかし復刻にあたって内容をチェックしたところ、自分で言うのもなんですがまったく古びていません。新鮮な感動に満ちたエロティシズム満載の不朽の傑作です。(笑)
どうぞ安心してお買い上げください。
なおカバーイラストは幻冬舎シリーズでは、これまで11作に描きつづけてくださった石井のりえさんが作者好みの妖しいランジェリー姿の「美雪」を登場させてくださいました。イラストもお楽しみください。

《初出情報》

1988年5月、フランス書院文庫シリーズ(通算ナンバー0185)『美雪・魔性の遍歴』として刊行。

《書誌情報》

本書は幻冬舎より幻冬舎アウトロー文庫の一冊(O44-13)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN978-4-344-41533-1
2010年8月5日=第一刷発行
発行=幻冬舎
定価=648円+税

トップ | 著作リスト