実寸大表紙へ

カバーイラスト 石井のりえ


姉の秘蜜

148

《収録作品》

『弟/危険なレッスン』
『優しく犯して』
『処刑・淫ら妻』
『愛しのエレクトラ』
『背徳の構図』
『女神たちの蒼い夜』
『恍惚のアラミス』

《読者からの解説と感想》

待受け中

《作者より》

個人短編集です。
中でも初期、中期の短編の近親相姦モノをセレクションしています。
館淳一といえば――なんといっても「魅惑の近親相姦」ですからね、これを見ないではすまされませんよ。(笑)
竹書房の担当のOさんは、高校時代に学校の図書館で偶然にぼくの作品に出会い、以来ファンになってくれていたそうです。
(高校の図書館になぜフランス書院文庫がまぎれこんでいたのか、不思議に思われるでしょうが、説明すると長い話になりますので、その話はどこかで)。
この短編集は編集者Oさんの思い入れによって編まれ、送りだされたものです。
よき読者が出版界におられるとは僥倖でもありますが、作者冥利に尽きることでもありますね。
また、幻冬舎アウトロー文庫で表紙を担当していただいている石井のりえさんに、カバーイラストを描いていただけました。館ワールドを象徴するようなさわやかエロティシズムを表紙から味わってください。

《初出情報》

『弟/危険なレッスン』……『小説春秋』1990年6月号
『優しく犯して』…………『SMスナイパー』1983年2月号
『処刑・淫ら妻』…………『SMスナイパー』1983年8月号
『愛しのエレクトラ』……『SMスナイパー』1983年1月号
『背徳の構図』……………『SMスナイパー』1982年2月号
『女神たちの蒼い夜』……『SMスナイパー』1985年9月号
『恍惚のアラミス』………『小説CLUB』1990年4月号

《書誌情報》

本書は竹書房より長け文庫の一冊(た3-1)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストは発売されていない。





ISBN978-4-8124-3514-4
2008年6月12日=第一刷発行
発行=竹書房
定価=648円+税

トップ | 著作リスト