実寸大表紙へ

カバーイラスト 新井田孝
カバーデザイン ROVARIS


女子大生 監禁


苛烈な愛は近親のエロス!
謎の地下牢で繰り広げられる爛れた血の継承!

《読者からの解説&感想》その1

女子大生の蘭は、時々、独身の建築家である叔父の慎吾から、愛猫の面倒を見るために留守番を頼まれる。
慎吾自身が設計したいっぷう変わった邸宅の中で、ある日、蘭は猫に導かれるようにして、建物の地下に異様な空間があるのを発見してしまう。
好奇心に導かれるまま、その空間に足を踏み入れた蘭を待ちかまえていたものは……。
地下の監禁室で女子大生、蘭が効率良く奴隷として調教されて行く過程が克明に書かれている 。
調教済みの奴隷(奈々美)が「先輩奴隷」として蘭の「お手本」になった。
看守であり、看護婦であり、教師であり、セックス奴隷として、新米奴隷が命令に逆 らったら処罰は先輩奴隷が受けるいう鬼畜な調教で、女子大生はやがて完全な奴隷へと成長して行く・・・。
                 ★

(感想)
館さんの小説の中には様々な別荘、地下牢などが登場しますが、この作品の中では、忙しい主人が常に2人の奴隷を監禁、調教するための無駄がないペアシステムが考え出されているのには、感動すら覚えました。
すごく厳しい監禁での調教生活と思って読み進めてゆくと、その背後には奴隷の生活環境や食生活など健康的に送れるようにと考えられていて、奥の深い小説であることに驚ろかされました。
館さんから監禁の魅力を思う存分教えてもらったように思います。

蘭の処女の羞恥心がはたらき反射的に目を背けた瞬間、予想していたかのように奈々美の脚に押し付けてスイッチを入れた。
「ぎゃああ!」
魂消るような絶叫をあげて奈々美の体が空中で飛び跳ねた。
「……毎日、食事の前にオナニーでイクことを日課とする。さあ、やってみろ。やらなければ 食事は抜きだ。そして先輩に責任を取らせる。もちろんスタンガンだ」

チコ、この部分をドキドキしながら読みました。本当にすごいんだからぁ〜。

                  ドクトル・チコ(MLメンバー、解説・感想とも)

《読者からの解説&感想》その2

「女子大生が監禁される」というそのままの中身(笑)
 タイトルだけで、監禁されてどんなことが行われるのか大体想像がつくと思いますが、読んでみると想像を絶する監禁生活!
   話がいきなり監禁生活の描写から始まったので少しビックリしましたが、逆に「これからどうなるんだろう」という興味をそそられました。
 女子大生が一人前の奴隷になる為にすごい調教をされるのですが、読んでいるうちに私は何だか羨ましくなりました。
「ご主人様のおそばにずっと置いてもらえるなら私も何をされても構わない!」って(笑)
 奴隷願望があるMさんも S願望のあるご主人様や女王様も みなさん十分楽しめる内容です。 あ、もちろん普通の方も(笑)
   今まで気づかなかった、あなたの中に眠っていたS性・M性が目覚めるかも!?

                    メグ(MLメンバー)

《書誌情報》

本書は日本出版社のアップル・ノベルスのシリーズとして新書判型で刊行された。




ISBN4-576-00664-9
2000年12月20日=第一刷発行
発行=日本出版社
定価本体800円+税

Back to the Main Page | List page