実寸大表紙へ

カバーイラスト 石川五郎


女高生 制服の秘肛奴隷

98

無垢な下半身へのおぞましい責めに絶叫し、号泣し、暴れのたうつ十七歳!

著名な作詞家の前に現れた、
美しい女子高生・優奈。
サディスティックな嗜癖を持った彼の
過酷な調教のなかで、
少女は無惨に処女を奪われ、
可憐な菊蕾までも蹂躙されながら、
口からは喘ぎ声を、
秘唇からはしとどに密を溢れさせては、
何度も何度も絶頂を迎え、
奴隷へと墜ちていく…。


《読者からの解説&感想》

 女高生、優奈はある日、自分の弟のオナニーシーンを覗き見してしまうのですが、これをきっかけにふたりは性的な関係を持つようになります。
 優奈は弟に処女を捧げようとするのだけど、いざとなると弟ができない。
 優奈の手や口では射精できるのに・・・その原因は・・・?(読んでみてください)

 一方、優奈は、叔母の紹介である中年男性と援助交際をすることになり、そこで処女を奪われ、奴隷にさせられてしまう。
 でも逆に次第に中年男性の方が女子高生に恋したように、そわそわして、のめり込んでいく様子が面白かったです。
 優奈はアナルがものすごく感じる子で、その様子を読んでいると私も同じように感じた気持ちになって、鳥肌がたってしまいました(笑)

 後半は、この男性とある組織の間でのハードボイルドなシーンがあったりして、ハラハラしました。
 いろんな展開があって、楽しめる作品です。

 メグ(MLメンバー)

《作者より》

作者の原題は『女子高生 援交調教』ちうものだったんですがね……。(^_^;)
女子高生に夢中になるおじさんの物語。うう、モロ、作者の心境ですね。
「枯れてますねえ」というのが編集者の感想。(;_;)
トド岬サーガです。
舞台となる別荘に、「あれ、前にもこんな建物が……」と思われるかたもおられるでしょう。二つの作品で登場した別荘が、今度も新たなオーナーを迎えて>新しい物語の舞台になりました。
設定のリサイクルもここまでくればたいしたものだと思いませんか?
「単なる手抜きだ」 はは、そう言われると返す言葉はありませんが。(^_^;)
続けて読まれてきているかたでしたら、前の二作がなんだったか、著作リストを読み返してお当てください。的中してもなんの賞品も出ませんけれど。

《書誌情報》

本書はマドンナ社からマドンナメイト文庫シリーズ(た1-26)として文庫判型で刊行されました。




SBN4-576-99033-0 C0193
1999年4月25日=第一刷発行
発行=マドンナ社
発売=二見書房
定価本体495円+税

トップ | 著作リスト