実寸大表紙へ

カバーイラスト 石川五郎


女子大生 淫惑交戯

90

《収録作品》

『ランジェリービジネス』
『縛り愛』
『下着の賭け』
『真夏の夜の下着』
『靴下留めは赤い色』


「もう少し濡らしましょうか」
 いっぱいに脚を開き、尻を浮かせ、パンティの両脇をひっぱり上げて肉の谷間にパンティの布地を食いこませる。
 舟形に濡れた部分がみるみるうちに拡がってゆく。やがてニチャニチャという淫靡な摩擦音がたった。酸味を帯びた健康な性器臭も。
「じゃあ、脱ぎます」
 すっぽりと脱ぎおろした。
「じゃあ、アフターサービスです。どうぞ、ナナの一番恥ずかしい所を見て下さい」
 指で大陰唇を割り拡げ、内側のびっしょり濡れたサーモンピンクの粘膜まで展開して見せた。

《読者からの解説&感想》

「ランジェリー・ビジネス」
 これはタイトルを見た時、ほとんど中身が読めました。(笑)そして実際読んでみて・・・やっぱり!
 と言うのは、私の友達の友達が(笑)これと同じようなことをやっていたという話を、以前聞いたことがあったからでした。
 改めて、この作品を読みながら「いいことを思いついたものだ」と感心していました。(爆)
 詳しいビジネスの内容は、読んでくださいね!

「縛り愛」
 「童貞の弟と寝てほしい」と友人の春菜に頼まれた淑美。それを引きうけ、春菜といっしょに弟を誘う計画をたてる。
 それは、春菜の家で実行され、成功したが、もう一つ春菜に秘密で淑美が仕掛けた罠が・・・
 春菜の驚きようが面白かったです。

「下着の賭け」
 OLれい子は、海水浴場でシャワーを浴びている時、男性に覗き見をされてしまった。
 その時に自分の体を見られることに快感を覚え、目覚めてしまう。
 それがきっかけで、ランジェリーパブで働くようになるが、そのことを叔父と彼の仕事仲間に知られてしまう。
 叔父は自分の姪にその店をやめさせるのだが、あることを考えついた。それが「バーチャルストリップ劇場」
 とてもいい案だと思いました。(笑)

「真夏の夜の下着」
 この5話の中ではいちばん面白いと感じました。女装者が登場するからでしょうか。(笑)
 ランジェリーショップのショーウィンドウに並べられたマネキンは実は人形ではなく本物の人間だった・・・
 それを発見したある男性は店の中に誘われ、店員や主人と交わることに。
 ショーケースの中に生身の人間が収められているという点では「女子高生博物館」に似ていますが、ランジェリーショップということでまた違った楽しみがありました。
 色々なランジェリー類が想像されて「私もこんなの着てみたい」と思ったり・・・

「靴下留めは赤い色」
「あさみパンティ劇場」と言うHPを開設しているOLあさみ。
 彼女がそのHPの中で知り合った、とある63歳の男性と会うことに。
 そして結局最後には男性の望みが叶う・・・というお話。
 何度かこのようなお話は読みましたが、その度にご老人にエールを送りたくなってきます(笑)
 そして最後には「よかったね〜」って(爆)

  メグ(MLメンバー)

《作者から》

『ランジェリー・ビジネス』と『縛り愛』が、6年も前の作品だということにお気づきでしょう。実は、これは桃園書房から出した新書、『華麗なる情事』(リストNo.46参照)に収録されていたものなのです。
 グリーンドア社さんはこの『華麗なる情事』をそのまま復刻するつもりだったのですが、それでは少し鮮度が落ちるので、ぼくから申し出て旧作2本新作3本のハイブリッド版になりました。もちろん全作品、加筆訂正が施されています。
『ランジェリー・ビジネス』なんか、携帯電話が今のように普及していない時代の作品でしたから、そのままではボケボケになる部分もありましたしね。(^_^;)

 というわけで、『華麗なる情事』を既にお持ちのかたは少し迷うかもしれませんが、あまり迷わずに買ってください。(^_^)

 作者イチ押しは『真夏の夜の下着』です。これを読んだあなたは、もう、下着屋さんのショーウィンドーの前を素通りできなくなる!(笑)


《初出情報》

『ランジェリー・ビジネス』……「小説CLUB」91年4月号
     (桃園書房刊『華麗なる情事』に収録されていた)
『縛り愛』…………………………「小説CLUB」911年3月号
     (桃園書房刊『華麗なる情事』に収録されていた)
『下着の賭け』……………………「小説CLUB」97年2月号
『真夏の夜の下着』………………「特選小説」97年9月号
『靴下留めは赤い色』……………「別冊小説宝石」96年夏号

《書誌情報》

本書はグリーンドア社よりグリーンドア文庫シリーズ(通算ナンバー406)として文庫判型で刊行された。
デジタルテキストはスタジオグリーンが『倒錯交戯』と改題して電子書籍パピレスなどから配信している。





SBN4-7669-2783-4
1997年8月30日=第一刷発行
発行所=グリーンドア社
発売=勁文社
定価本体495円+税

トップ | 著作リスト